術後のあれこれカレンダー ~術後の流れについて~

レーシック手術は、角膜の表面を薄く削ってフラップ(ふた)を形成し行います。術後はフラップが再び角膜の表面に癒着し再生します。その間、眼球は角膜を再生するまで、非常にナイーブな状態になります。

そのため、レーシックの術後は、フラップが再び剥がれたり、細菌が侵入したりするのを防ぐために守らなければならない禁止事項があります。ここでは、代表的な禁止事項を時系列順に並べていますので、参考にしてください。また、心配なことは、手術時に医師に相談しましょう。

翌日

メイク

目の周り以外のメイクは手術の翌日から可能です。ただし、アイメイクは手術当日を含め3日ほど避け、1週間は控えめにしてください。

翌日 検診後〜

入浴・シャワー

翌日検診で問題がなければ、その後から可能です。ただし、目に水が入らないよう注意してください。

安定してから

運転

術後しばらくは見え方が安定しなかったり、特に夜間は暗い道が見えにくい、ヘッドライトが眩しいなど危険です。

見え方が安定するまで、運転は避けてください。

4日後〜

仕事

パソコンの使用など目を酷使する仕事や、野外でのハードな仕事は3日ほど避けてください。

7日後

術後検診(一週間後)

条件が年々広がっています。施術後の角膜の状況や視力の回復状況について確認します。 遠方の方は、最寄りの眼科でも受けることができます。あらかじめ手術時にご相談ください。

7日後〜

飲酒

食事制限はないのですが、アルコールは術後の回復を遅らせてしまいます。お酒は1週間ほど避けてください。

7日後〜

スポーツ

ジョギング・ゴルフなどの軽い運動は1週間後から可能です。ただし、サッカーや野球などの激しい運動や、水泳・スキューバダイビングなどは術後1か月は避けてください。

30日後

術後検診(一ヶ月後)

施術後の角膜の状況や視力の回復状況についての最終確認をします。こちらの検診も、最寄りの眼科で受けることが可能です。

シミ取りで若返りケア

新宿美容外科クリニックでは、肌への負担をかけずにシミの治療をすることができます。世界で実績のある医療用のYAGレーザー機器を使用するので一度の照射で大きな効果を実感できます。また、シミだけでなく治療が難しかった肝斑にも効果を発揮します。

文字が読みにくい方はこちら
小中大特大
ピックアップ
品川近視クリニック
品川近視クリニック
世界で最も多くのレーシック手術を行う病院として認定。累計54万件という術例数が経験と実績の証明です。