原則として20以上の方。乱視や遠視の治療も可能です。

誰でも受けられる?乱視や老眼は?~不適合の例と代替手術について~

20歳以上の方が原則です。「遠視や乱視は治せないのでは?」と思われがちですが、レーシックは屈折率を矯正することで目の焦点を合わせる技術なので、近視はもちろん遠視・乱視も矯正できます。また、これまでのレーシックで角膜厚などから不適合とされた方も、医療技術の進歩により、進化したレーシックによって視力回復ができるようになるなど、その基準は年々広がっています。

老眼は水晶体の衰弱により起こるものでレーシックでは治すことができません。ただし、遠近両用白内障手術や伝導式角膜形成術(CK)など、老眼専用の手術により視力回復を行います。

また、老眼により近視・遠視の両方に悩んでいる方でも、レーシックにより近視だけを矯正することは可能です。

意外と知らない「遠視」と「老眼」の違い

「遠視」とは、物を見るときに、像をとらえる焦点が眼球の後ろ側にずれ、近くがハッキリ見えない状態のことを言います。「遠視」には、角膜や水晶体の屈折率が下がる「屈折性遠視」や、何らかの理由で眼球の形状が変わり焦点が合わなくなる「軸性遠視」など、いくつかの原因がありますが、それら全てを総称したものが「遠視」です。この「遠視」のうち、年齢によって水晶体(眼球内のレンズの役割を果たす)の弾力が失われたことが原因のものを「老眼(老視・老人性遠視)」と呼びます。

そのため、若い頃から遠視の症状が出ている方については、レーシックによる屈折矯正が有効です。しかし、老眼については、屈折以上の理由が近視や乱視と異なるため、老眼による遠視の矯正はレーシックではできません。

老眼の方については、遠近両用白内障手術や伝導式角膜形成術(CK)という別の方法で老眼を矯正することができます。こちらも、レーシックを行っているクリニックで手術が可能です。

レーシックを受けられない方の例

  • 未成年の方
    (18歳~ 20歳の方は親権者の同意の上)
  • 高齢の方
    (60 歳が目安。検査の上で手術が可能な場合も)
  • 妊娠中・授乳中の方
  • 適応検査において、角膜の形状や厚みが適応範囲外の方
  • 下記の疾患にかかっている方
    ぶどう膜炎の方 角膜ヘルペスの方 強膜裂傷がある方
    黄斑部変性がある方 バセドウ病の治療薬を服用中の方
    重篤な糖尿病・膠原病など内科的疾患がある方
  • 過去にメスを使用した眼球疾患の手術を受けている方
  • パイロットの方もしくはパイロットを目指している方
    (手術が認められる場合もあります。詳細は航空機免許の専門機関等にご確認ください。)
  • 視神経障害がある方
    (手術可能な場合もあります。検査来院時にご相談ください。 )
  • 角膜移植をしている方

レーシックを受けられない方 ~年齢について~

レーシックは、角膜の形状がある程度固まってきてからでないと手術ができません。近視になる方の多くは、未成年のうちに視力の低下が現れます。そのため、レーシックは原則として、成長期が終わり角膜の形状が確実に安定する20歳以上の方を対象にしています。ただし、視力が低いことにより職業上、裸眼での視力が求められる方については、親権者の同意のもとに手術が可能な場合があります。詳細については病院でご確認ください。

また、60歳以上の方については、白内障を発症している可能性などを考慮し施術をお勧めしない病院もあります。60歳以上の方についても、手術の可否などについては受診した際にご確認ください。

レーシックを受けられない方 ~適応検査について~

レーシックの場合、事前に適応検査を必ず行なっています。この検査によって、視力はもちろん、角膜の形状や厚さ、眼圧、眼の健康状態などを詳しく調べます。この検査によって、角膜の厚さや形状がレーシックに耐えられないと判断した場合、不適合となりレーシックを受けることができません。

一方で、角膜厚の不足や形状の異常などでレーシックを受けられない場合、「フェイキックIOL」や「イントラ角膜リング」など、レーシックとは別の手術という選択肢もあります。

文字が読みにくい方はこちら
小中大特大
ピックアップ
品川近視クリニック
品川近視クリニック
世界で最も多くのレーシック手術を行う病院として認定。累計54万件という術例数が経験と実績の証明です。