角膜の表面を薄く削り、内側にレーザーを照射。両目で10分ほどの手術です。

どんな手術をする?痛みはないの?〜手術について〜

「レーシック」とは、「角膜屈折矯正手術」の一種。角膜表面の上皮を薄く剥がしてフタを作り、「エキシマレーザー」という特殊なレーザー光線で角膜の形を調節して、再び上皮のフタを戻して再生させます。両目で10分ほどの簡単な手術です。

来院予約

ネットから予約できます

インターネットから、適応検査の予約を行います。完全予約制なので、予約後、クリニックからの電話確認で日程を決定します。

適応検査の前は、1週間前からコンタクトの使用ができません。ハードコンタクトレンズやその他の特殊なコンタクトレンズなど、使用できない期間が種類によって異なります。予約時にご確認ください。

適応検査

検査室(品川近視クリニック

国家資格を持った専門の視力訓練士を中心に、角膜の形状や厚み、視力、眼圧など十数項目の検査を行います。最後に目に異常がないかを診察し、カウンセリングを受けて検査終了となります。

手術は最短で検査翌日に行えます。事前の予約が必要ですので、遠方からお越しの方は事前にご相談ください。提携のホテルも併せて予約できます。

手術

手術は両目で10分ほどで終わります。点眼麻酔を使用するので、痛みはほとんど感じません。

角膜の構造

角膜の表面(角膜上皮・ボーマン層と呼ばれる部分)を薄く切り取り、フラップ(ふた)を形成します。

通常のレーシックでは専用の器具を使用してフラップを作成しますが、品川近視クリニックで行なっている「イントラレーシック」の場合、レーザーを利用してフラップを作成します。

レーシック手術のしくみ

露出した角膜の実質層にエキシマレーザーを当てます。これによって角膜の形状を変化させ、目に入る光の焦点を正常な状態にします。

終わったらフラップを元の位置に丁寧に戻します。削り取った部分は自然に再生するので、数日で完全にくっつきます。

術後検査

術後検診でレーシックの効果をチェック

翌日、視力の回復状況や眼球の状態をチェックします。術後はフラップがくっつくまで異物感などの症状が出ますので、内服薬と点眼薬を処方通りにご使用ください。また、目をこすったりしないよう、保護用のメガネやケア用品をお渡しします。

その後、1週間後、3カ月後に検診を行います。この検診は最寄りの眼科でも受けることが可能です。遠方からお越しの方はご相談ください。

文字が読みにくい方はこちら
小中大特大
ピックアップ
品川近視クリニック
品川近視クリニック
世界で最も多くのレーシック手術を行う病院として認定。累計54万件という術例数が経験と実績の証明です。