最先端のイントラレーシック。両眼13.3万円から。

手術料金は高いの?保険の適用は?~費用と保険・控除について~

クリニックや施術方法により異なりますが、料金は10万円台から50万円まで広がりがあります。一般的に、レーシック専門医で症例数が多いところは低価格で手術を受けることができます。また、保険会社の手術保障や医療費控除の対象ですので、数万円の給付や還付を受けることができます。

病院によって大幅に価格が違うのはなぜ?

レーシックは、健康保険適用外の「自由診療」です。健康保険適用の医療は処置によって費用が決まっているため、病院によっての差は原則としてありません。しかし、レーシックの場合、料金は医院によって10万円~50万円と開きがあります。かといって、10万円台のクリニックよりも50万円のクリニックの方が優れた手術をするのか、というと、一概にそうとは言い切れません。その原因は、レーシックに使用する「機器」などにあります。

FEMTO LDV(通称ダヴィンチ/Ziemer社製)

通常、レーシックに使用する機器(レーザー)は5000万円、設備の維持費だけでも年間800万ほどと言われています。医院側は、レーシックを行うことでこれ以上の診療費を得なければいけません。そのための医院側の選択肢は2つ。手術費用を高額にするか、より多くの手術を行うかです。

そこで、私たちが負担する費用が大幅に変わってくるのです。例えば、上にある通り、品川近視クリニックの「スーパーイントラレーシック」の費用は13万3千円。東北地方のある病院での、「スーパーイントラレーシック」と同等の手術の費用は38万円です。実に25万円ほどの差があるのです。

ちなみに、横浜ベイシェラトンホテルのシングル宿泊料金は18,000円ほど。2泊滞在+交通費+観光で、10万円ほどあれば十分。そう考えると、レーシックのために東京を訪れることのお得さが よくわかります。

各種保険の手術給付金の対象です。

健康保険の適用外であるレーシックですが、ご加入の生命保険会社に定められた手術保障の申請をすれば、手術給付金を受けることができます。

保険のプランにもよりますが、一般的に3万円~10万円ほどの給付金が支給されます。手術給付金の対象かどうか、給付金額などについては、ご加入の生命保険会社にご確認ください。

※給付申請の書類作成には、病院の定める所定の手数料がかかります。(一般的に8千円程度)

医療費控除の対象になります。

1月~12月までの1年間に、家族での医療費が10万円を超えた場合、医療費控除の対象となります。こちらは、確定申告によって税金の還付を受けることができます。その際は医療費の領収証が必要となりますので、領収証は大切に保管してください。

※自治体により控除対象とならない場合があります。可否についてはお近くの税務署にご確認ください。
文字が読みにくい方はこちら
小中大特大
ピックアップ
品川近視クリニック
品川近視クリニック
世界で最も多くのレーシック手術を行う病院として認定。累計54万件という術例数が経験と実績の証明です。